この住宅は、西側に店舗が併設されており、その店舗部分を残して、住宅部分のみを新たに新築したものである。 1階にガレージを配し、2階にアプローチする階段を設置して、前面道路から直接住宅に入る構成とした。

 新築をするきっかけは、子供達は既に家を出て夫婦二人となったことである。

これまでの使い難い古い間取りを、二人で暮らす為に、必要最小限の快適で広々とした間取りとし、近くに住む子供達家族を食事に招いても一緒に過ごせる場さえあれば、これからの生活スタイルに合ったものとなるのではと考えたからである。

 私が提案したことは、ここの土地に映えるシンボリックな姿と、招き入れるリビングダイニングの天井高の高さを高くし、その部屋の南側の窓に大きな障子を配して、3階の寝室に至るまでの縦の繋がりを印象づける仕掛けであった。

 それは、シンボリックな形の屋根と壁とで囲われた、2,3階の木造部分の外観上に開けられた開口部を、一つの表現でまとめることが出来たことと合わせて、内部のそれぞれの階での印象を統一するものである。

 また、その障子からの柔らかい光によって、天井の高いリビング内部に、包まれるような空間が生まれ、ここに集う家族に、平安に満ちた安らぎと、離れて暮らしていてもこの家族は一つであるというイメージを彷彿させ、また、家族以外の来客にも、親族になったかのような親近感を覚えることになると期待するものである。