RH−2

借家として構成される概念。 そのテイストを、建物と外部との関係のみを操作して変えることにより、 自由に位置づけることをもくろんだ。 RH-2は、 斜面に差し込まれた2枚のスラブを地盤と考え、住居とし てのテリトリーを開放しつつ外部を率直に取り入れる。木造で組まれた 大屋根の下には、サッシが任意とも思える様に取り巻き、ファサードに はスクリーンとしての壁を介して時空の表情をもたらす。